塗装リフォーム会社へ

スパナ

住まいの中で屋根や外壁は太陽の紫外線や、風雨に晒されて一番傷みやすい個所です。
屋根塗装や外壁塗装は傷まないように保護する役割がありますが、経年劣化で保護する機能が失われてくると、屋根や外壁部分の痛みが始まってしまいます。
屋根や外壁が傷んでくると雨漏りの原因になったり、建物じたいの寿命が短くなってしまう事があります。
そんなときは屋根塗装や外壁塗装を行うリフォーム会社にご依頼するときれいに塗りなおしてくれます。
外壁塗装の場合は塗装にひびが入ったり、剥がれ落ちがみられたり、触ると白い粉が付いたら塗り替えのタイミングです。
屋根塗装も外壁塗装も10年ほど経つと塗装の寿命が来ることが多いので、新築してから塗り替えしてから10年ほどが目安です。
屋根塗装や外壁塗装には使用する塗料の種類があります。

アクリル塗料やウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料などがあり、アクリル塗料が一番安価ですが寿命も一番短いです。
最近ではあまり塗装リフォーム会社では採用されない傾向があります。
ウレタン塗料は料金や寿命のバランスが取れています。
シリコン塗料は寿命が長いですがメーカーによって寿命にばらつきがみられます。
フッ素塗料は一番寿命が長いですが価格も高価です。

それぞれ塗料の特徴や値段が違いますので塗装リフォーム会社で相談しながら適切なご提案を受けてみてください。
訪問してくる塗装リフォーム会社には注意が必要です。
手抜き工事をされたり高額な料金を請求されることがあります。

家を長持ちさせるには

黒い一戸建て

近年、新たに住宅を新築で建てるよりも、既に所有している物件や古い賃貸物件をリフォームする傾向が大きくなっています。
リフォームといえば、やはり内装、つまり床材・壁材・水回り機器などのインテリアリフォームが注目されがちです。
そういったインテリアリフォームも住み心地をよくするには良い選択ですが、古い物件でやはり気になるのは「家の長持ち」ではないでしょうか。
そこで古い物件のリフォームをお考えの方に是非お薦めしたいのが、外壁塗装や屋根塗装です。
案外見落とされがちですが、外壁や屋根は普段、雨風に晒され日射による紫外線もあり、住宅の中で最も劣化が進行が激しく、痛みやすい部分です。
屋根材の劣化は雨漏りの原因になりますし、外壁の劣化は住宅の骨子であるコンクリートや鉄骨で作られた柱の痛みにもつながり、防災上もとても危険な状態に繋がりかねないのが実情です。

外壁塗装や屋根塗装は、そういった外的な要因による劣化を塗装によって補修します。
そのため、雨漏り・柱の劣化等により建物自体の耐用年数が大きく損なわれてしまうことを防ぐことができます。
また、外壁塗装や屋根塗装は住宅の「見た目」をかなり良くすることができるのも大きな利点です。
新築の住宅と古い住宅を外側から見た時、やはり壁や屋根の汚れ・ひび割れが目立つ住宅は古い印象を受けるものです。
上のような2つの大きな理由から、古い物件のリフォームをお考えの方には、是非とも屋根塗装・外壁塗装をお薦め致します。

屋根は難しい

一戸建て

建物で一番高い箇所に対してリフォーム施工を行わなければならないため、足場作りが重要な役割を果たします。
外壁塗装では、塗料が他の部分に及ばないように養生シートを用います。
屋根塗装においても、塗料の拡散により周囲が汚れないように、建物の全面や周囲に対して、養生の手間をかける必要があります。
屋根塗装は簡単には行う事ができないものの、それでも住宅リフォームに確かな技術力とこれまでの経験を持つ業者であれば、屋根塗装を確かな質でやってのけます。
屋根は、住宅の外観の中でも目立つ部分の一つであるため、屋根の塗装部分に老朽化が見られるようであれば、リフォームの可能性について考慮に入れて、準備を行っておくことが後に役立ってくれます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

August 2014
M T W T F S S
« Jul    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031